ジュラ ザ ダイアモンド

へっぽこ野郎ですが、これでも自分なりに日々を考えて過ごしたり、感じたりしているわけで、その備忘録として綴ります。

革財布の経年変化をみる/2年半経過

愛用している革の長財布の経年変化を記録しておきます。

使用している財布は
CreedのHAKUというシリーズの長財布です。
Creed(クリード) official web site

Creed HAKU 長財布

このHAKUシリーズの財布は
レザーの表面にロウを塗り込んでおり、ブライドルレザーの様な仕上がりになっています。
使い込むことで、表面のロウが落ちていき、経年変化がより感じられるんです。

購入-2016年3月

まず購入当時の写真です。
買ったのは2016年の3月ごろでした。
見た目レザーなのに白いですよね。
これは皮表面のロウによるものですね。

f:id:jural:20181012101958j:plain

もちろん財布の内側も同じレザーで作られています。

f:id:jural:20181012101953j:plain

現在-2018年10月

これが2018年10月現在の財布です。

表面のロウは落ちて、レザーの色が強調されています。
更に、使い込んで皮自体も経年変化して味が出てきました。
格好良く育ってくれています。

f:id:jural:20181012102030j:plain

内側は外側に比べるとまだ表面のロウが残っていたりします。
これからまだ色の変化がありそうです。

f:id:jural:20181012102024j:plain

2年半経過の比較

写真を並べて変化を比べてみましょう。

外観は明らかに変化が激しいです。 表面のロウが塗られているので、使用してロウが落ちるとレザー自体の深みが現れますね。

これだけ見た目が変わると楽しいですね。 これから更に皮自体が育ってくれて格好よさが増すのが楽しみです。

f:id:jural:20181012102010j:plain

f:id:jural:20181012102004j:plain